スポンサードリンク

ハードディスクの交換

ハードディスクの交換

ハードディスクとはパソコンで使われている
大容量の記憶装置のことです。
ハードディスクは普通に使って、
寿命の目安として3〜5年と言われています。
デジカメで撮った写真やテレビ番組の録画など、
ノートパソコンをフル活用していると
問題となるのがハードディスクの容量不足です。

このハードディスクの交換時期は、

・ ハードディスクに不良セクタがある。
・度々パソコンがフリーズする。
・使えるアプリケーションが限られてきた。
・ハードディスクに十分な空きスペースがなくなった。
・購入して、2年以上経過している。

ハードディスクを交換することによって何が良くなるかというと、
空き容量が増加すると同時に処理スピードも飛躍的に向上します。
上記のような症状でお困りなら、ハードディスクが完全に機能しなくなる前にハードディスク交換をおすすめします。

ノートパソコン用のハードディスクは
年々倍々ゲームのように容量が増えています。
もっとたくさんのデータを保存したいという方に
おすすめなのがハードディスクの交換です。

新しいハードディスクに交換することで、
空き容量が増えるのはもちろん、処理速度の向上も期待できます。
ハードディスクの交換は、決してむずかしくありません。
ドライバ1本あれば、簡単に行えます。

たとえば、
IBMのノートパソコンはメンテナンスマニュアルが
ネット上で公開されているため、
交換方法に困ることはありません。

ただし、ノートパソコンを分解することにより、
パソコン本体メーカの保証は受けられなくなりますので
注意が必要です。
ハードディスクの交換はあくまで自己責任で行うことになります。

ハードディスクの交換そのものは自分では無理だという方には、
有償取り付けサービスを行う代行業者もいるので、
こうしたサービスを利用するとよいでしょう。

交換した古いハードディスクはそのままバックアップとして
保存してもいいですし、USB接続のハードディスクケースに
入れれば、外付けハードディスクとしても利用できます。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。