スポンサードリンク

ハードディスクのバックアップ

ハードディスクのバックアップ

パソコンハードディスクのバックアップをどうやれば・・・
私たちは普段何も気にせずにドンドンハードディスクに
記録を保存しまくっていませんか!
ハードディスクも機械ですから、
やがて調子が悪くなり壊れるんですね。
でもね。何となくそんな事自分には起きないと
思って使っていませんか?

ハードディスクとはパソコンで使われている
大容量の記憶装置のことです。
一般的なパソコンには、
少なくとも1台のハードディスクが内蔵されており、
OS(Windowsなどのオペレーティングシステム)を含む
様々なデータやソフトを保存しています。

ハードディスクは消耗品と言われていて、
使用期間が長くなるほど故障する確立は高くなっていきます。
普通に使っていて3〜5年が寿命としての目安です。

ハードディスクが壊れてしまうと、
そこに記録されているデータを取り出すことが難しくなります。
大切なデータを失わないためには、
ハードディスクのバックアップが必要です。

ハードディスクをバックアップする方法としては、
二つ方法があります。

1.ファイル単位のバックアップ。

 バックアップするファイルを選択し、
 外付けのハードディスクなど、
 外部のメディアにコピーすることで、
 ファイル単位のバックアップができます。
 簡単なバックアップの方法ですが、
 ソフトやOS環境までは保存できません。

2.ハードディスク(ドライブ)のイメージを丸ごとバックアップ。

 ソフトやOS環境も含めて、する方法で、
 万が一ハードディスクが故障した場合でも、
 バックアップした時点の環境を
 元通りに復元することが可能です。
 この方法でバックアップを行うためには、
 専用のソフトが必要ですが、
 現在販売されているほとんどの外付けハードディスクには
 付属で付いています。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。