スポンサードリンク

ハードディスクのコピー

ハードディスクのコピー

パソコンを使っていると、ある日突然ハードディスクが
そのままパソコンがフリーズする、
ということが起こるかもしれません。
こうなったらほんと困りものです。

ハードディスクの寿命は3年から5年、
早ければ2年や半年で壊れることもあります。
パソコンの中でも重要な部品が消耗品になっているわけです。

万一壊れてしまったハードディスクに大事なデータが入っていたら…
そうなる前にバックアップを取っておくことが重要ですが、
「そんな面倒なことしなくてもハードディスクの中身を
丸ごとコピーすればいいじゃないか」という方もいるでしょう。

しかし、データの中にはシステムの稼動中に
手を出せないものがあり、
しかもそれがシステム上重要なデータであるため、
コピーが不十分になり正常に動作しなくなってしまうのです。

この場合はOSを別のハードディスク、
あるいはパーティションにインストールして
そちらから起動すればコピー可能ですが、これにも問題点があり、
特にWindows2000を使用している方は
この方法はやめた方がいいです。

じゃあコピーはできないのか、というとそうではありません。

●専門の業者に依頼する。費用はかかりますが
 良心的な業者を選べば
 問題なくコピーしてもらえると思います。

●ハードディスクコピーソフト(通称お引越しソフト)を使用する。
 市販品、フリーウェアどちらもあるので
 自分が信用できると思ったものを選ぶといいでしょう。
 コピーは再インストールするより楽とはいえ、
 ある程度費用や手間がかかることを覚えておきましょう。

例えば、HD革命/CopyDrive Ver.2の場合ですが、

株式会社アーク情報システムの説明によりますと、

「HD革命/CopyDrive Ver.2」は、
ハードディスクの内容を別のハードディスクに
丸ごとコピーすることができるユーティリティソフトです。
Windowsを起動したまま作業ができ、
ハードディスクからハードディスクへのコピー中でも
パソコンの操作が可能になりました。

また、コピー先のハードディスクサイズが
コピー元のサイズより小さい場合でも
コピーできるようになりました。
現在の環境をそのまま別のハードディスクに移し替えたいときや、
丸ごとコピーしてとっておきたい時などに
大変便利なソフトウェアですと。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。