スポンサードリンク

ハードディスク パーテーションの切り方

ハードディスク パーテーションの切り方

パーティションには「仕切り」、「分割」、「分割された部分」と
いった意味があります。
ではハードディスクのパーティションとは
どういうものなのかというと、
論理的に分割された領域を意味します。

要するに1つのハードディスクを
2、3つあるようにしてしまうというわけです。
このように分割することを
パーティションを「切る」とも言います。

1つのハードディスクに複数のOSを導入したり、
パーティションごとにファイルを分けて
作業や管理の効率化を図ったりすることが可能です。

多くの人はパーティションを単なる分割管理に
利用していると思いますが、
元々ハードディスクにパーティションがあるのは、
それぞれを別ファイルシステムにして、
別のOSをインストールするためです。

また、
システム用のドライブとデータ保存用のドライブに分けることで、
OSの再セットアップやデータのバックアップ、
ドライブのデフラグにかかる時間が短縮されます。
非常に便利な反面、分割するディスクのサイズを
間違えると一方の容量がいっぱいで、
もう一方の容量ががら空き、といったことも起こり得ます。
こうなると切り直したりデータの移動が必要になります。

パーティションを切る(作成)にあたり、
予め以下の点は必ず決定しておく必要があります。

・パーティションの種類 (ファィルシステム)

・パーティションタイプ :

 OSインジケータとかシステムID(システム標識)とも呼ばれ、
 基本的にそのパーティションを利用しているOSの種類、
 またはファイルシステムを示めします。

・アクティブパーティション

・パーティションのサイズ


切り方ですが、

WindowsXPの場合は、
「マイコンピュータ」を右クリックし「管理」を選択することで
コンピュータの管理ウィンドウが出てきます。
そこの「ディスクの管理」からパーティションの設定が可能です。

フォーマットされていない(未割り当て)ディスクを
右クリックして「新しいパーティション」を選択、
新しいパーティションウィザードが起動しますので、
パーティションの種類と容量を選択します。

「拡張パーティション」を選択した場合、
さらに論理パーティションで分けることになります。
パーティションを切り終わったらフォーマットを行い、
これでようやくアイコンが追加されて使用可能になります。

この作業でデータの入ったハードディスクの
パーティションを変更するとデータが全て消えるので、
データを残して管理するソフトを使用するか
バックアップを取っておいて下さい。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。