スポンサードリンク

外付けハードディスク2(お気に入りのHDDを選ぼう〜)

ハードディスク(HDD)接続方法で選ぶ場合


よく聞く言葉にインターフェイスというのがありますよね。
インターフェイスと言うのは、PCとケーブルで接続する
挿し込み口の形状の事をいいます。

そこに挿し込むのが、
USBやIEEE1394、イーサネット(LAN)、
eSATA、UltraSCSIなど、
また製品によっては、「USB+IEEE1394」や
「イーサネット+USB」など、
2種類以上のインターフェイスを持つハイブリット型もあります。

最も多くよく知られているのが、USB接続タイプですよね。
全製品のうち約50%を占め、
ハイブリッドモデルを含めれば90%近くに達します。

ほとんどのパソコンにはUSBポートがついているので、
製品の選択に迷ったらUSBで接続すると良いです。
外付けHDDもUSBタイプが主流ですよね。
USBハブを別に用意して、ハブのポートに挿し込むだけで、
外付けHDDを次々と簡単に増設できます。

USBに次いで多いのが、イーサネット(LAN)です。

インターネット接続に使うイーサネットを
挿し込むだけで接続できる。
ハイブリッドを含めれば、全製品の約20%を。
自宅にLAN環境があれば、LANに接続しているPCで
外付けHDDを共有することができる。
ほかのインターフェイスにはない利点なんですね。

eSATAは、これからのものでしょうが、
徐々に普及しているインターフェイスで、
データ転送速度の速さを特徴としているものです。
1秒間に転送できるデータは最大150MBで、USBの約5倍ですが、
ただ、eSATAのインターフェイスを備えた
PCはまだ少ないのが・・・。
eSATAを使用する場合は、別に接続機器を
用意する必要がありますから、面倒なんですね。

将来もし、メーカーがeSATAを標準で備えれば、
多少費用がかかっても、大容量データを高速転送したいと
いう人にはかなりお得なものになりますよね。

ただし、USBには、USB1.1とUSB2.0があり、
この両者は、転送速度が天と地ほど違います。
パソコンが古く、USB1.1にしか対応していない場合は、
別の方法を考えましょうね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。